2011年7月31日日曜日

ピクルス通信no.112 耳をすませば


私がたしなむ唯一の賭け事。

それは、足音だけを聞いてそれが誰のものなのかを当てること。

古い友人と久々の再会で、地下鉄改札口を出てすぐのベンチで待ち合わせ。

先に着いた私はベンチに座り、本を読むことにする。

目の前にも後ろにも人はどんどん流れていく。

集合時間が近づいて、本は目に落としながらも意識は耳へとシフト。

本の内容はもはや頭に入ってこない。

それもそのはず、こちとら記憶を総動員して「アイツの足音はどんなだったか」を思い出しながら耳に入ってくる足音すべてを峻別する作業に没頭しているのだ。

ではなぜ本を読むふりをするのか。それは決して顔を上げまい、という態度表明。

“カツっ、カツっ、カツっ”

きたきたきた!

この「人に媚びることはないあけっぴろげな性格、かつ、決して自分を安売りすることはないプライドを感じさせる」足音は、奴だ!

「よ、久しぶり」

大当たり。

名状しがたい喜びが、ある。

アウト・オブ・ザ・ブルー
Sonny Red : out  of the BLUE

ジャズにはブラインドフォールド・テストという楽しみがある。

初めて聴く音源に対しそれが誰の演奏かを当てる、というもの。

例えばピアニストだったら、アドリブのなかに散見される手癖フレーズから推し量って誰と特定する。

このソニー・レッド(as)がリーダーの一枚。

共演者を見ないまま購入し、CDプレイヤーへ。

「あぁ、この陽性満開のピアノ。フレーズが上がりきってから下がるときに出すちょっと蹴つまずいたような手癖、ウィントン・ケリーに違いないわな」

そしてクレジットを見て当たったことを確認した。

もっともこの場合、レーベルや録音時期などがわかっているので候補はずっど絞られてくるのだが。

そしてウィントン・ケリーはブラインドフォールド・テストの最も初歩段階に挙げられるプレイヤーだろう。それほど一聴きして誰とわかるピアノを弾く。



足音当ての件にしろ、ウィントン・ケリーの件にしろ、皆さんが感じていることは私もわかっています。

言ったもん勝ちじゃん


若竹めいびい

2011年7月30日土曜日

新入荷

今日は、ブルースのレコードを80枚ほど出しました。
¥500前後のものがほとんどです。


長谷川

2011年7月29日金曜日

盆踊り

先日行った居酒屋の女将さんが唄と三味線をやっているそうで、
8月20、21日の東別院御坊夏まつりで演奏するから来てみてはと誘ってくれました。
いろいろ催しがあって、
お坊さんバンド(親鸞の教えを歌詞にのせる)のライヴもあったりですごくおもしろそう!
盆踊りもあります。

小さいころおばあちゃんと一緒に近所の神社に行って踊ってました。
十八番は「踊るぽんぽこりん」
そして「ダンシング・ヒーロー」



沢田

2011年7月28日木曜日

山下達郎 「RAY OF HOPE 」

山下達郎さんが6年ぶりのオリジナル・アルバム「RAY OF HOPE」を
8月10日にリリースするそうです。

タワーレコードのバウンスのNO MUSIC , NO LIFE ?にでていました。
ちょっとビックリしました。


りょうかん

2011年7月27日水曜日

musica latina

アルゼンチン/ブラジルものがたくさん入荷しました^^
カルロス・アギーレ関連のものや、大洋レコードから発売されているもの、などなど。

日本の裏側南米は、今頃寒い冬なんでしょうね。
今年の日本の夏は暑い!

沢田

2011年7月24日日曜日

ピクルス通信no.111 落とし話

「メール来てるかな。来ていてもツタヤさんかゲオさんからだろうけど」

仕事をあがって携帯電話をチェックしようと鞄をまさぐるのだけれど、見当たらない。

またまたやってしまった。

昼休憩に行ったスターバックスに忘れてしまったに違いない。

どっしりと腰を落とせるソファで昼寝するのが常で、ポッケからすべり落としてしまうのだ。

この2ヶ月のあいだで3度目。限度を超えている。

自分にあきれきって店へ向かう。

昼にオーダーした「本日のコーヒー(S)」のレシートを提示すれば2杯目は100円で飲むことができるため、たまに仕事上がりにおかわりをしに行くのだが、この時ばかりは「そういった用事ではなくてですね」と言わんばかりにはにかんで入店。

「へへ。すんません、携帯電話の落とし物ありませんでしたか」

「あっおにいさん。またですねっ。ありましたよっ」

いつもと変わらぬ最高の笑顔。罪人には、まぶしい。

わざわざビニール袋で封をした状態で保管してくれていた。

「すんませんねぇ、何度も何度も。反省文書いてきます」

「ほんとですか〜ハハハッ。あっおかわり飲んでいかれます?はい、ありがとうございますっ100円ですっ」

そんな笑顔で僕を見ないで。


本当に反省しているのだ。だから、家に帰って、書いた。

反省文
私は、スターバックス栄チェリープラザ店様にケータイ電話を三度も置き忘れたことを深く反省し、四度と迷惑をかけることのないよう固く誓います。
平成23年7月18日 若竹純司

名刺サイズのメモ用紙に書いた。これを財布にしのばせとく。

次回訪れた時にもし同じおねえさんがレジをしてくれたとき、そしてもし反省文のことを覚えていて「ちゃんと書きました?」とちょっといぢわるな目くばせで言ってくれたとき、「ええ、もちろん」とスッと差し出すのだ。はにかんでな。

※ ※ ※

ロスト・アンド・ファウンド
Jimmy Scott : Lost and FOUND

「落としたっていいんだよ」

そう慰めてくれるかのように、ジミー・スコットはどんな曲でもテンポをぐーっと落として歌う。

彼は特異体質のために身長はおよそ150センチで止まり、声変わりも訪れなかった。その中性的なソプラノボイスは誰にも似つかないもので、僕には官能的にすら聴こえる。

69年、72年に録音された作品。スティービー・ワンダーの歌唱によってミディアムアップデンポの印象が強い《For Once In My Life》も極端にテンポを落として歌われているのだが、別曲として認識してしまうほど哀感のあるバラードに生まれ変わっている。《Day By Day》もまた。驚く。

※ ※ ※


数日後。昼休憩に向かった。

あっおねえさん!

「こんにちはー。はい、本日のコーヒー、ショートサイズですね。300円になります。マグでご用意して宜しいですか?」

、、、、、、向こうはそんな暇ないのだよ。何を期待しているのやら。


刀はいつでも抜けるよう鞘に収めておく。


若竹真剣

2011年7月22日金曜日

ダニエル・マサと時限爆弾


Daniel Mazaのライブ映像。
2010年にlos años luz discosから出た"De Feria"というアルバムのプレゼンテーションらしいのですが、
メンバーの視線の先には一人、指揮者のような人が!
気持ちよさそう、楽しそう。
この人がメンバーじゃなく、実は観客だったらすごいです。

沢田

2011年7月21日木曜日

Ugly Edits

THEO PARISSHが12inchでリリースしてきたUgly Edits シリーズをまとめた
2枚組のCDが7月下旬にリリース予定だそうです。

FREDDIE HUBBARDのLITTLE SUNFLOWERのEDITがすごく好きで、
聴いてない作品もいろいろ収録されているので楽しみです。
まとめて聴けるのがすごくいいなと思います。

りょうかん



2011年7月20日水曜日

入荷CD


レゲエCDがまとまって入荷しております。

※画像をクリックしていただくと大きな画像になります。


長谷川

2011年7月19日火曜日

入荷CD


マイナーなアシッド・フォークやサイケのCDがまとめて入荷しました。

長谷川

2011年7月17日日曜日

ピクルス通信no.110 そのネタ何万回


台湾ではツアーの一部として中国茶専門店に訪れた。

齢70を超えてなおかくしゃくとしたジン先生が上手な日本語で解説してくれた。

中国茶は茶葉を発酵させる度合いによって6つに呼び分けるという。

「まったく発酵させないのが緑茶ね」

「ちょっと発酵させて白茶。もうすこし発酵をすすめて黄茶」

「発酵を20%から80%すすめたものを青茶。烏龍茶もこれに含まれます」

「100%発酵させたのが紅茶」

「さらに長時間発酵させたのが黒茶。プーアール茶がそうです」

「これで6つね。じゃあ黒茶よりもっともっと発酵させたものは何茶?」

答えは、、、、この頁の最後に。

* * *

烏龍歌集[チャイ] サントリーウーロン茶CMソングコレクション
烏龍歌集[チャイ] サントリーウーロン茶CMソングコレクション

息の長いシリーズとなっているサントリー烏龍茶のCM。毎回美しい女性たちと、キュートな中国語で歌われる往年の歌謡曲が魅力的ですよね。そのサントラには《春一番》《ライク・ア・ヴァージン》、東京ブギウギの替え歌《上海ブギウギ》など胸キュンソングが盛沢山。付属ブックレットにはふりがな付きで中国語歌詞が載っているので一緒に歌ってみたいものです。

いつの間にか第二弾も発売されていたんですね。《木綿のハンカチーフ》《Rydeen》《アメイジング・グレイス》、聴いてみたいものです。

Chai Chai
Chai Chai

* * *


答えは「無茶苦茶」。気をつかって笑う皆。


若竹ヤム

2011年7月15日金曜日

メルトダウン 


高田渡「値上げ」の替え歌です。

他にも、「自衛隊に入ろう」の替え歌もあります。
(すごくユーモラスです^^)

いろんな人の手で作り変えられて残っていく歌というのは
なんだかすごいなぁ。

沢田桃子

2011年7月14日木曜日

いか墨パスタ

本当にどーでもいい話ですが、
今日、生まれてはじめて食べた、いか墨パスタがめちゃくちゃおいしくてびっくりしました。
イタリッチにて。
なんで今までずっと避けていたんだろうとがっくし後悔。

そんないい一日でした。

長谷川

2011年7月13日水曜日

ウナギ

近年ウナギが不作で価格が高騰していますが、今年はここ20年とか30年の中でも特に不作なようでさらに高くなっているそうです。

それでもすき家は、中国産ウナギを使った「うな丼」を去年より100円高い680円で発売。
吉野家も中国産ウナギを使った「うな丼」を去年よりも50円高い550円で提供するそうです。

まだこの価格で提供できるのが凄いなと思います。
ウナギを食べて厚い夏をのりきりたいなと思いました。


りょうかん

2011年7月10日日曜日

ピクルス通信no.109  渡台前夜

さぁ、明日から台湾旅行。

旅のお伴にするi-podには何を入れようか。

液晶が割れているせいで操作に自由が利かないため、いつなんどき聴いても気分を邪魔しないものを選びたいし、まんべんなく聴こうと思ったらCDの枚数にして3、4枚が限度。

そうだ、旅先で同行する職場の人から以前に借りた音源を聴きなおす機会にしよう。

バード&ギボンズ:作品集
グレン・グールド:バード&ギボンズ作品集


エリザベス王朝時代の16世紀後期〜17世紀初頭イギリス、ヴァージナルと呼ばれる小型のチェンバロのために、ウィリアム・バード、オーランド・ギボンズが作曲した楽曲群をグレン・グールドがピアノで弾く。

バッハ以前のクラシック、というだけでも私にとっては目新しかった。

はじめ、音の重なり方に華奢な印象を受けたが、じっと耐えて聴いていると、澄みきった空を小鳥が一羽さっと渡るような可憐さを感じ入った。

心をむやみにざわつかせはしない。

※ ※ ※

その他の3枚も選定し、あとはi-podにデータを移すだけ。

通勤鞄にほうりこんであったi-podを取り出した。













断線。

見た目にも疑いようのない断線。

旅の矢先、靴紐よりも切れて欲しくなかった。


若竹潮時

2011年7月9日土曜日

クラブ系12インチ

好内容のテクノ/ハウスなどの12インチを新入荷コーナーへドカッっと出しました。
いいとこからすぐに売れていきますのでお早めに~。

長谷川

イプー



すてきなメロディ。
ストンと胸に落ちるような
どこかで聴いたことがあるような

母「おねえ(私のこと)が小さいころ私この歌よく歌ってたわぁ」

あるはずないわそんなこと。

ちょっと考えてみただけ。

沢田桃子

2011年7月8日金曜日

Tumblrはじめました。

Tumblrは、いつもながめてるだけだったけど、
ちょっと、自分でもやってみます。
おひまな方はどうぞ↓
Music First Tumblr

※ちなみにお店とはぜんぜん関係ありません。

長谷川

2011年7月7日木曜日

新入荷

本日はCDを中心に出しています。
J-POP,NEW WAVE,プログレ,クラブミュージックなどのCDを出しました。

りょうかん

2011年7月6日水曜日

テレサテン/時の流れに身をまかせ



最近、テレサ・テンに夢中です。。
この歌声は、、
優しい気持ちにさせてくれます。


長谷川

2011年7月5日火曜日

2011年7月3日日曜日

ピクルス通信no.108  ルックス問題

近々、社員旅行で台湾に行く。

私にとって初の海外旅行のため、パスポートを申請しに行った。

以前に撮った証明写真の余りがあったのだが、サイズが足りない。

併設の写真館で撮影してもらうことになった。

撮影してくれるお姉さんは手際よく私を椅子に座らせた。

間もなくシャッターボタンに手をかけ、あとは押し込むだけ。

さて押し込むすんでのところで指をぴたと止め、驚いたように顔を上げた。

「その眼鏡、逆さにかけていませんかっ?」














 
いいえ。

お姉さんや、パスポート申請の際にそんなふざけたことできましょうか。否でしょう。

「これリバーシブルでんねん、ってまさか」と乗ってあげることもできなかった。

もっともお姉さんが職務を離れて素のリアクションをとってくれたようで嬉しく、こちらの頬も緩んだ。

そんな事情もあってか、自分で言うのもなんなんだが、リラックスした表情の好ましい顔写真がすりあがった。

後日、出来上がったパスポートを友人に見せた。

表紙をめくって顔写真を一瞥すると、しばし唖然としてから口を開いた。


「ねぇ、もう少し『よそ行きの顔』は出来なかったの?」


※ ※ ※

台湾旅行にあたっては、千種vivanを介して知り合った年長のキミリアーノ(敬称略)から多大なるお薦め情報をいただいている。

情報その1 情報その2 情報その3 

音ネタ、街ネタ、物ネタ.....etcをビビットな写真たっぷりに綴った彼のブログfrom KIMILIANO's FACTORYはヴァイタルに生きるすべての名古屋っ子のために。

私はキミリアーノと会うとき、いつもカネと女の話ばかりしている。

一方的に「金ないわ、彼女できないわ」の愚痴を聞いてもらっている。

いつも伊達でいなせな彼は、「お洒落に気をつかいなさい」とアドヴァイスをくれた。

曰く、「裾をロールアップすべし。おのずと視線は靴にいく。そこでクラシカルな靴をあわせる。完璧、だ」。

曰く、「襟、立てい」。

曰く、「君は仕事着と私服を使い分けていないようだね。変えるところは、まず、その意識なんじゃないかな」。

Ode to Duke Ellington
Piero Umiliani : Ode to Duke Ellington

「キミリアーノ」と言ったってイタリア人ではない。

たぶんイタリア好きなのだろう、「きみとし」さんのお名前をもじってのこと。

彼自身演奏家でもあるようなのだが、そこらへんの詳しい話はまだ聞いたことがない。

よって持ち駒のイタリアもので済ませておく。

シネ・ジャズ界の巨匠(といっても私は知らなかった)、ピエロ・ウミリアーニが敬愛するデューク・エリントンに捧げたカバー&作品集。60年代〜70年代の録音。

シンセサイザーやモーグなどの電子楽器を大胆に導入してビッグバンドに新奇な色調を持たせている。未来的。

8ビートにアレンジされている曲も多く、エリントン音楽のポップな側面が際立たされている。

男気あふれるプレイで評価の高いGianni Basso(ジャンニ・バッソ/ts)の参加もあるが、Marcello Boschi(読み方はマルセーロ・ボッシィか?)が吹くアルトサックスの美しさが印象に残った。エリントン楽団におけるジョニー・ホッジスの役割を十二分に果たしていると言える。

全編の洒落たムードは、フランスのエスプリなジャズとはまた違って、「さすがイタリア」と思わせるカラリとした色気がある。

※ ※ ※

職場の飲み会という機会。

キミリアーノの教えを実行する時が来た。

仕事を上がり、制服にしている白シャツを脱ぐ。

汗ふきシートで身体を拭き、さっと制汗スプレー(ちょっと香り)。

そして一張羅のマリンルックなポロシャツを着込んで会場に臨んだ。

席に着くなり、女性スタッフに言われた。

なにその私服。変だよ

周りの「あっそれ言っちゃった」という表情といったら。


若竹ベッタラ

2011年7月2日土曜日

The Young Rascals/Groovin'




たいてい日曜日はずっとお店にいますが、ここ2週、タイミングよく車でサンデーソングブックが聞けた。
このラジオが聞けるとほんとに、最高にうれしくなる。


長谷川

パスカルズ - Taking Tiger Mountain



先週の足助での虫の襲撃を受けて、このパスカルズの虫という曲を思い出しました。
おもちゃの音などを使ったかわいらしい曲で大好きです。
その虫が収録されたアルバム「パスカルズが行く」の一曲目。
Brian Enoのカバーです。
まさに今この夏の寝苦しい夜に、
布団に寝転んで扇風機の風(弱くらい)を浴びながら聴きたい!

そのまま寝てしまうと危険です、扇風機は。

沢田桃子