2012年5月31日木曜日

HUGE KEEP VINYL ALIVE

雑誌HUGE7月号でレコードの特集が組まれていました。

ANDREW WEATHERALL 、 JAMES MURPHY 、 坂本慎太郎の
レコードについてのインタビューが載っていました。

音楽雑誌ではないのにほぼ丸ごとレコード(に関する)を特集していたので
驚きました。



りょうかん



2012年5月30日水曜日

メタルCD

メタルCDが続々入荷中です!

長谷川

チケット

ビーチボーイズ8月19日名古屋ライヴのチケットを申し込んで、その実物が家に届きました。

席はアリーナの22列目だそうですが、これって近いんでしょうか、遠いんでしょうか。
大きな会場で、音とかどうなのでしょうか。

ライヴの日まではまだまだ、あと3ヶ月もあります。


沢田

2012年5月27日日曜日

ピクルス通信no.155 中二男子の耳

通っているカフェのスタッフのお母様の住むご近所に住むマダムに紹介してもらったヘアサロンに通っている。

30代のおにいちゃんが1人で切り盛りしていて、気楽に付き合っている。

このところ、予約以外の電話が数多く寄せられるのだそう。

屋号にHairとMakeをあらわす「H&M」の文字を入れていることで、松坂屋名古屋店南館にこの春オープンしたファストファッション大手「H&M」と間違えての問い合わせ電話が驚くほど多いという。

ホームページを見て電話をしたのだろうか。

いや、ホームページを見たとしたら、まったく関係のない店であることに気付くと思われるのだが。おにいちゃんは首をかしげる。




見違えたり、聞き違えたり。



Francisco Fellove Valdes // Mango Mangue

連呼される“ mango mango  mango  mangue♪ ”

これは、、、しかもこの組み合わせは、、、、

恣意的に聞き違わんとする自分を否定できない。

こんな話をマダムにはできない。


(´-`).。oO(読者を減らす覚悟はできているのかなぁ)


若竹純司

2012年5月24日木曜日

魔術 / 美術

愛知県美術館で開催されている「魔術 / 美術 幻視の技術と内なる異界」行ってきました。

入ってすぐに「魔術の目的に適合しようと決めていようがいまいが、芸術作品は魔術そのものを起源としている、ということを忘れてはなるまい」というアンドレ・ブルトンの著作から引用された
言葉がプリントされている幕が飾ってあってちょっとわくわくするような感じがしました。


アントニ・タピエス、ロドルフ・ブレスダン、サム・フランシス、ゾンネンシュターン、
斎藤義重、元木定正 などの作品が個人的には好きな感じでした。




初公開のフェルナン・レジェ「緑の背景のコンポジション」も見れて良かったです。


6月24日までやっているそうです。


りょうかん

2012年5月23日水曜日

入荷情報

引き続きテクノの12インチが入荷しております。
バーゲンCDや7インチなどもたくさん入荷しました。

長谷川

2012年5月22日火曜日

シューマイ

横浜に行ったときのこと。

どこの駅に行っても、駅構内にシューマイ屋さんがあったのが不思議でした。
横浜の人はシューマイをよく食べるのでしょうか。
中華街があるからでしょうか。

タバコ屋さんや宝くじ売り場くらいの、人ひとりすっぽり納まる小さなスペースで
売っていたのがかわいらしくてすごく記憶に残っています。

自販機だと、また味気ないのかもしれません。

沢田

2012年5月20日日曜日

ピクルス通信no.154 夜の七つ

古来、遠足に赴く小学生を悩ませてきた問い。

「バナナはおやつに入るのか」

◯ もちろん入る。君はバナナが与える黄金の甘味に喜ぶであろう。その喜びを仔細に分析すれば、おやつ以外のものからはもたらし得ない性質であることを知るはずだ。何よりも、君がこの問いを発した際、バナナをおやつから剥がそうとする(おやつ代上限300円をごまかそうとする)魂胆が透けてみえる。「剥がそう」とする限り、その前提として君はバナナがおやつに属していることを認めねばならない。

× 断るまでもなく、入らない。 おやつではなくデザートだ。おやつの語源は、15時頃を意味する「八つ時」に間食をとること、即ち「御八つ」であることは君も知っているね?バナナを昼食後すぐに食べたまえ。12時半〜13時頃になるんじゃないか。その時のバナナは果たして「御八つ」と呼べるかな。



決着のつかぬ問い、恒久のグレーゾーンは厳然と存在する。

そしてまた一つ、ここ何ヶ月も私を苦悩させた問い。

「夜想曲(ノクターン)はいつから聴いてよいのか」

夜、と冠せられるからには、日没を待って聴かねばならないのだろうか。

いつから。何時から。



16時15分。

それが世界最高峰のピアニストのひとり、イーヴォ・ポゴレリチの回答だった。

先日開かれたソロリサイタルにおいて、ショパンのノクターン ハ短調が演奏され始めたのが、その時刻。

もちろん日は暮れていない。夜じゃない。だからどうした。

些細な事に管を巻いてる場合ではない。

聴いているこちらの呼吸を止めるほどの、緊張感、迫力、ダイナミクス。

独特のスローテンポに筆を費やさねばならないのは分かっている。

しかし、それ以上に音色の多彩に衝撃を受けた。

弾いているのがただ一台のピアノとは思えないほど、一曲の中に様々な音色を感じさせる技巧。

嘆息。

29歳以下は2Fバルコニー席を半額で購入できるサービス「Jシート」。5500円は決して高くはなかった。

5月13日 しらかわホール

若竹純司

2012年5月19日土曜日

12インチ

久々にテクノ/ハウスの12インチを大量に出しました。
すべて¥300で、テクノ/ハウスコーナーに直接出しました。


長谷川

2012年5月17日木曜日

My Bloody Valentine来日

My Bloody Valentineが来年2月に来日して大阪、東京でライヴをやることを知りました。


東京公演のチケット先行抽選予約は5月29日13:00から、大阪公演は6月5日から受付スタート
だそうです。

予約開始の早さに驚きました。

りょうかん

2012年5月16日水曜日

てんとう虫

暖かくなって、蚊がもう出てきているようです。

今日、外でふいに腕の内側にチクッと傷みが走って、
見ると小さい5mm位のてんとう虫がそこに止まっていました。
痛いので指で弾いてみると、腕に小さい赤い点ができてました。
初めててんとう虫に噛まれました。
おとなしくていい虫だと思ってましたが・・・。

蚊に刺されると容赦なく平手打ちですが
てんとう虫は、やさしく逃がします。

沢田

2012年5月13日日曜日

ピクルス通信no.153 なんのこれしき

友人に誘われてDrawsomethingなるゲームアプリを始めた。

2名で行う。一方がお題に従って指先でイラストを描き送り、もう一方がそのイラスト(+イラストが書かれた過程)を受け取り見てお題を推定し英単語で答える、というもの。

私は渾身してイラストを描く。

なのに、友人は答えを当ててくれない。

数日後に「ギブアップ。あんな下手な絵でわかってたまるか」とメールがくる。

自覚はしている。

自分で描きながらその下手ぶりに笑ってしまうほどには。

下手なもの。

球技がいけない。

送球を中学高校と6年間続けたが、いっこうに上達しなかった。

思い返してみると、特別好きなスポーツでなかったことにも気付く。

おしなべて球技全般が下手だ。

野球、蹴球、排球、籠球、卓球、避球、庭球、羽球撞球、十柱球、、

駄目だ駄目だ。

一生涯、孔球なんぞするものか。パチンコも。玉だって球。

イスティクバルと即興 (Istikhbars and Improvisations)
ムスタファ・スカンドラニ/イスティクバルと即興

ピアノも下手だった。

お稽古事であった事情に加え、先生の邸宅を飾る妙にバタ臭い調度品の数々が、ますますそれから私を遠ざけた。

とはいえ、やめて十何年経ってもなお、リスナーとして最も愛着を抱く楽器としてピアノに接し得ているのは、その甲斐があってのことだろうか。

アルジェリアの大音楽家、ムスタファ・スカンドラニによるアンダルシア古典音楽のピアノ独奏曲集を聴いている。

タワーレコードでレコメンドされていたのに釣られて買っただけのことで、そこには私の趣味探求の努力など微塵もないけれど、「ずいぶん遠くまで来たなぁ」という感慨がわく。

アラビア版ゴルドベルク変奏曲と称され、オリエント、西洋、アフリカが交錯する音楽とも評される音楽。一度耳にしたらそれまで見ていた景色ががらりと変わってしまうほどの強烈な世界を有している。右手が千鳥足のごとく旋律を連ねていくのが特徴で、それは突拍子もないようで冗長でもあるようで、人によっては「この弾いている人、下手なの?」と受けとめるかもしれない。喝!

若竹純司

2012年5月10日木曜日

キシリクリスタル 太陽のオレンジミント

お気に入りののど飴キシリクリスタル知らぬ間に新しい味がでていました。

太陽のオレンジミントです。

個人的にはピーチ味の方が好きですが
より爽やかでそんなにパンチがない分飽きがきにくいかもと思いました。


りょうかん

2012年5月9日水曜日

やっぱり本屋さんはいいな~


昨日、久々にジュンク堂に行ってきました。
(若竹さんはいなかった)
 
誰もが思っているようなことで、大変恐縮ですが、
最近、アマゾンで買うことが多くなってましたが、
やっぱり本屋さんはいいな~、です。


長谷川

2012年5月8日火曜日

カエル

先日、新城市にある鳳来山東照宮というところへ行ってきました。
名古屋からは車で2時間ほど、自然たっぷりでした。

行きの道中はものすごい雷雨で、雨合羽を着て参拝しましたが
帰るころにはすかっと晴れてしまいました。

そのあと、近くの千枚田という、およそ1200枚あるという棚田を見に。
雨も上がったし、ちょうど夕方に差し掛かる頃。
カエルがたくさん鳴いていて、
鳴き声が「ゲロ」「ゲコ」じゃなく「カナカナ」みたいな感じでした。

ジョアン・ドナートの"A Ra"となんとなく似ているのに
「おぉ」とちょっと感動しました。
ブラジルのカエルも日本のカエルも、一緒なのでしょうか?

沢田

特設コーナーをもうけました。


ただいま、入り口を入ってすぐのところに特設の¥100CDコーナーを置いています。
CD約100枚ほどありますが、少なくなったら随時補充します。
期間限定ですので、ぜひご利用ください!

棚の¥100バーゲンCDも通常通りあります。

沢田

2012年5月6日日曜日

ピクルス通信no.152 デジャビュの女

Meia Noite
 Maira Creuza / Meia Noite

マリア・クレウーザはデリケートな歌唱力それ以上に、色気が先に立つ。誤って惚れては骨抜きにされる。罪作りなハスキーヴォイスである。

得意とするサンバ・カンソンの、せつない優雅さ、しっとりとした快活さが堪能できる1979年の作品。

アントニオ・アドルフォ、ジェラルド・ヴェスパール、ヴァルテル・ブランコ、ルイス・エサらの才人が手分けをして編曲にあたっている。聴き所のひとつであろう。

手にしたのは2ヶ月前。ジャケ買いになるのかもしれない。

しかし、ジャケットに惹かれて、というわけでもない。

ただこめかみに何かひっかかるものがあった。既視感である。

前夜 ZEN-YA

店頭に並んだとき、大人びた満島ひかり、黒光りする質感の写真が印象的だった(「小林よしのり」の名前が目についたので中を開いて内容の確認はしていない)。

これを見ていたがための既視感だろう。

類似した写真を何枚も並べ、表現方法の類型化を図ったのが宝島社のムック『写真の新しい読み方』。絶版になっているのがもったいない。

「この本ではいま現在目にしている新しい写真をそれ一点だけで見るのでなく、その表現の系譜を逆にたどり、時代も、活躍するフィールドも異なる写真家たちの似通った写真を並列して見せる(中略)それぞれの写真を見比べるだけで、「写真」の正体の一端がかいま見えるはずである。写真の可能性と同時にその限界の具体例もあまさず提示したつもりである。」(前書きより抜粋)

若竹純司

2012年5月3日木曜日

憲法記念日


憲法記念日(けんぽうきねんび)は、国民の祝日の一つ。日付は5月3日国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)では「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」ことを趣旨としている。1947年5月3日に日本国憲法が施行されたのを記念して、1948年公布・施行の祝日法によって制定された。ゴールデンウィークを構成する日の一つである。
なお、1946年の憲法改正の議会審議がもう少し早ければ、2月11日紀元節(現・建国記念の日)を憲法施行日とする案も存在していた。(以上wikipediaより抜粋)


もし2月11日になっていたら連休が減っていたので
良かったなと思いました。

りょうかん